RTミドルウェアの開発環境を構築していました

こんばんは、明日朝一で箱根まで出かける予定の佐藤です。

世間ではゴールデンウィークということで、僕も時間があったのでMyPCにRTミドルウェアの開発環境を構築してました。結論から言うと、諸事情が多くてまだ出来てません。

ということで、今回はそんなお話を。


 

まずは今回の動機から。

  1. 後方確認カメラの視野を広げるために、モータ回したいな、Winタブかどこぞのコントローラで操作したいな
  2. 自転車のシステム構成がわかりやすくなりそう、整理できそう

まず最初にぶちあった壁は、OpenRTM-aist様のHPがセキュリティアップデートのために停止中であったことですね。

Windows用のインストーラーはダウンロード出来るようになっていたので、とりあえずインストール。

他にもCMakeやらDocxygenなど、必要になるものをインストール。

最後にVisual StudioをインストールするためにMSさんのHPへ。ここで佐藤は思い出しました。Visual Studio 2017にOpenRTM-aistが対応していないことに。

そして、ここでまた壁が。

Visual Studio 2010も2013も2015もダウンロードが出来なくなっていたのです。

そんなわけで、あえなく作業中断中というわけです。


2010 Expressはインストール済みだったんですけど、これには対応していないみたいですね。

最新のCMakeはVisual Studio 2017にも対応しているので、OpenRTM-aistさんにはぜにとも対応してほしいですね。

Visual Studioの古いバージョンが入手出来れば動きそうですので、引き続き探してみますが望み薄ですかね。


(余談)

で、なんか悔しかったのでごり押ししてCMakeにコードをかけてみたときにエラーを吐いたOpenRTMConfig.cmakeを好奇心で開いてみたりしました。

見てみた感じ、CMakeで設定したVisual Studioのバージョンを判定しているらしいことが書かれていました。

今日はこの辺で。

佐藤 勇希

投稿者: 佐藤 勇希

大学の吹奏楽団所属の人。 担当楽器はクラリネット(B♭,E♭,Bass,歴7年)とギター(歴9年)と時々ベース。 ポスター制作をそれとなく押しつけていた人。 電車通学2年目でもまだ酔うときあり。 体調が悪くなると、通称「ジャガイモの芽」になる。

コメントを残す