OVERVIEW

ReUsとは

リユースと読みます。

Reuse × University Students をテーマに活動をしており、そのテーマからチーム名を得ています。

活動目的はEne-1GPへの参加であり、我々の掲げるテーマに沿って、できる限り自分たちの身の回りにあるものを再利用することを目標としています。

メンバー全員が芝浦工業大学デザイン工学部に所属していますが、公認サークルとして活動していないため、大学の名前を借りる・支援を受ける事ができず、一般枠での参加をしています。

知識も、経験も、お金も、支援もないチームですが、精一杯がんばりますので応援よろしくお願いいたします。

活動詳細

活動日程不定期
大会直前に集中
活動時間不定期
大会直前は1日になることも
人数10人
活動場所芝浦工業大学 芝浦キャンパスなど / 制作場所は大会毎に決定
メンバー所属芝浦工業大学
デザイン工学部
デザイン工学科
エンジニアリングデザイン領域
メカトロニクスシステム・組込みソフトウェア分野
※現 ロボティクス・情報デザイン系
(竹脇、川口、佐藤)

プロダクトデザイン領域
※現 生産・プロダクトデザイン系
(池田)

システム理工学部
電子情報システム学科
(村井、狩俣、岸野)

工学部
電気工学科
(北條)

 会費 0円
ただし大会ごとに経費を精算

ReUsの歩み

  • 2016年9月 ReUs発足チームマネージャー竹脇の声掛けにより発足
    KV-40への参加を考えるも、大会までの日数とスキルがないためKV-BIKEへの参加が決定した
  • 2016年10月 ReUs Monitorが形になる川口によって、車体のモニタリングをするReUs Monitorが作られる
  • 2016年11月 リユース 2016 Lateがあらかた完成タイヤを回すことには成功したが、モーターのトルクが足りず、苦難の日々が続いた
  • 2016年12月10日 2016Ene-1GP MOTEGI出場モーターのトルクがうまく伝わらなくなるというアクシデント発生
    ONE LAPタイムアタック途中リタイアという結果に終わる
  • 2017年2月4日 ReUsブログ開設モニタリングシステム用サーバーを有効活用するため&活動を知っていただくためにブログを開設
  • 2017年11月 ReUs Monitor Version2の完成ReUs Monitorがさらなる進化を遂げ、ライダーは背後のウェブカメラ映像とセンサデータを確認できるように
  • 2017年11月 リユース 2017 Lateが完成フル電動自転車を利用することで安定的な走りを実現するも、テスト走行の少なさに不安が
  • 2017年11月25日 2017Ene-1GP MOTEGI出場前回大会では果たせなかった完走を余裕で果たす
    ONE LAPタイムアタックではクラス7位、e-kidenロングディスタンスではクラス9位、総合ではクラス8位という結果

  • 2018年4月 ReUs初の説明会を実施するも、誰も来ず。
  • 2018年4月 ReUs初となる、新入生の新メンバーを迎える。